ビキニラインは エステに行く勇気がなくて 自己処理でした

わきと腕は、美容クリニックでレーザー脱毛したのですが、
ビキニラインは 恥ずかしくて、脱毛せずに 自己処理を続けてました。
ところが、”自宅で エステ並の処理ができる脱毛器”が、登場していたのです。

脱毛器


私が嬉しい驚きを感じたのは、進化した家庭用脱毛器<イーモ(emo)>
その驚きポイントを、お伝えします。

◎エステ並の効果と仕上がり
家庭用脱毛器は、高価な割に効果がない と思い込んでいたのですが、
<イーモ>は、使った感じも、その後の効果も、以前受けた レーザー脱毛に かなり近いです。
間隔を開けて、2〜3回使ってる内に、毛が細く、少なくなってきました。
「家庭用で こんな高性能で良いの?」
「クリニックに払った費用は何だったの?」
と思ってしまいます。
でも、考えてみれば、私がレーザー脱毛を受けたのは、10年以上前。私の知らぬ間に、時代は進歩していたのですね。
家庭用脱毛器の進化に 驚きです

◎自宅で使えて 人目が気にならない
ビキニラインは、気になるけど、クリニックやエステで脱毛は恥ずかしくて できませんでした。
しかたなく、自宅で自己処理してましたが、今度は肌を傷めるのが気になります。
でも、クリニックのレーザー脱毛の機械は大きくて、とても 家庭用になるとは思えませんでした。
「自宅で、こっそり、でも、エステ並にツルツルすべすべ。」というのは 諦めていたので、
<イーモ>の登場に 感謝です

◎自分でも使える 簡単操作
レーザー脱毛は、ピンポイントで照射するものと思っていました。
クリニックでは人にお任せでしたが、点で埋めていくので 時間かかって大変です。
ところが、<イーモ>は 点ではなく、面で 照射なので、かなり楽です
これなら、自分で処理するのも、手間が減って良いですね。

「もっと早く知りたかった……」と、残念な反面、「待ってて良かった」とも思います。
脱毛がまだの人は、エステに決める前に 要チェックですよ。

Xoopsインストール